www.pancakesforjesus.com

-

-

乗用車の全損とはその名が示すように車の全部が壊れてしまったこと結果的に走れない等乗り物としての働きをできなくなった場合に使われますが保険で定義されている《全損》は多からず違う意味合いが含まれています。乗用車の保険の場合では乗用車が壊れた状況で【全損と分損】という2つに分けられ【分損】は修理のお金が補償金内でおさまる場面を表現し、その場合とは逆に『全損』とは修復のお金が補償金を上回ってしまう状況を示します。普通、修復で全損という場合車の心臓、エンジンに修復できない損害が起きたりフレームが曲がってしまったりして修理が無理な場合、リサイクルか廃棄と結論付けられるのが通常です。だけれども、乗用車の事故が起きて販売会社や保険屋さんがかかる修理の費用を算出した時にどんなに見かけがしっかりとして修理ができる状態でも修理のお金が補償金よりも高ければどうして乗用車の保険お金を払っているのか分からなくなりそうです。こういう場面では、【全損】と判断してマイカーの所有権を車の保険の会社に譲り保険金額を支払ってもらう条件になっています。当たり前の事ながら長年連れ添った自動車で執着があり、自費で直してでも使用したいと希望する車の所持者いくらでもいますので事態に応じて保険屋さんと話し合ってみるといいのかもしれません。また、乗用車の保険ではこのような場合が想定され車両全損時諸費用補償特約など『全損』の時に特約を設けているところが多々あり、たとえ自分の車が『全損』なってしまっても購入費用を多少なりとも負担してくれる場合も実在します。尚盗まれた際の補償額の特約をつけていると盗難被害にあった乗用車が発見できない場面でも《全損》の扱いとなり保険金が支払われるようになっているようです。

Copyright © 2000 www.pancakesforjesus.com All Rights Reserved.