www.pancakesforjesus.com

-

-

新聞の宣伝広告、スポーツ紙、電柱に張り付けられたチラシやDMで、「多重負債の整頓手伝います」「多重借金を統合したいと思ったら」というような広告を見かけることがありますよね。「整理人」「買取専門人」「紹介業者」という名の会社の広告のときがあったりします。使った場合は破産申立の中で免責許諾をもらえないパターンもありえます。「整理業者」とは、ダイレクトメールなどで多重債務者を引きつけ、相当な手数料を請求して借金整理を行いますが現実には負債整頓はなされず、さらに債務スパイラルに陥ってしまうケースがすべてと言ってよいでしょう。「買取専門屋」というのは、分割払いで家電、旅行のチケットを大量に買い入れさせて買った品々を定価の1割あるいは額面半値で買い上げるという方法のようです。依頼者は短期には現金が増えますが、そのうちカード会社による買ったものの販売額の請求がくることになり、結局は借金額を悪化させる結末になります。このケースだとクレジットカード会社へ詐欺行為ということになって免責許諾をもらえません。「つなぎ業者」の場合大口のサラリーマン金融から拒絶されるようになった借金人へ直接の資金提供はしないでおいて、貸出を可能である別の企業を紹介して、常識外の依頼料を取っている悪徳業者です。紹介業者は高度な努力で融通が受けられたというふうに説明しますが現実には何もせずルールのゆるめの企業を伝えているだけなのです。このケースも借金額を増加させることとなります。

Copyright © 2000 www.pancakesforjesus.com All Rights Reserved.